昨日の記事は同人ゲームを作ってゲムマで売る迄にかかった費用について主に書いたので、今日の記事はそれ以外のゲムマに参加して感じた事を綴ります。

まず、一番に言いたいのはとにかく楽しかったーーーー!

会場見て回りたいって気持ちも凄くあったんですが、出展者は出展者で凄く楽しかったので、次回も出来れば出展したいなと思ってます。

楽しかったポイント1
私は若い頃フリマに良く出店してたので、単純に、物を売る行為が楽しかったです。自分の作品が人の手に渡っていくの嬉しいですよ!

楽しかったポイント2
人との交流が楽しい。私のブースにいっぱい知り合いが遊びに来てくれましたし、私自身もお菓子を配りに知り合いのブースに遊びに行ったりしてました。
私が本格的にボドゲをやり出したのは昨年の10月下旬頃からなんですが、そこから、今までの約半年位で、私はこんなにもボドゲの知り合いが増えたのかーってちょっと感慨深かったです。
この楽しかったポイントは、別に出展者側じゃなくても味わえる事ですが、出展者としてこっちの位置が固定だと、知り合いと特に会いやすかったので良かったです。
後、差し入れでリポDや八天堂のクリームパンやら頂けたのが嬉しかったです!
有難うございました(*´꒳`*)


ゲムマ参加して気づいた事その1
知り合い大事。
人との繋がり大事。
初出展無名だと、ブースに人が来ない時間が長いです。ほんと長いです。

そんな中で話しかけに来てくれる知り合いが、精神的支えとなりました。
色んな知り合いとゲムマ会場で挨拶するだけで、なんかテンション上がるので、品物がそんなに売れてなくてもなんか楽しいーーーって気分が持続できて良いイメージのままゲムマ終わりました。
(実際売れ残ってるし、ゲームだけなら赤字だったけど)


ゲムマ参加して気づいた事2
ハンドメイド作品は、ボードゲームに直接関係ある物の方が売れる。

今回、ハンドメイド作品として、ミープルコースター、ミープルミニトート、布製ダイストレイの3種持ち込んだのですが、完売したのはダイストレイのみ。
値段も関係してると思いますが(ダイストレイ以外はクロスステッチ作品なので手間代を下げれなかった)直接ゲームに関係ある物以外は参入厳しいな〜って分かったのが今回の収穫です。次回に生かそうと思います!

ゲムマ参加して気づいた事3
赤字を出したくなかったら、同人ゲーム以外の物を一緒に売ればその可能性は低くなりそう。

今回の私の場合ですが、自作ゲーム以外に上記で上げたハンドメイド作品のお陰で、出展料をペイ出来ました。
自作ゲームだけだと出展料分は赤字でしたので、主戦力だったダイストレイに大感謝です。

因みにこのダイストレイ、一番の主戦力でしたが、時給換算すると250円位の利益なので儲かった訳ではありません\(^o^)/
あくまで、出展料をカバー出来た位の儲けです。

2日間開催で思った事
私は日曜参加で丁度良かったかな。
土曜日(秋も)行ってないから土曜日の雰囲気わからないけども、私には日曜日のまったりとしたお祭り気分が居心地良かったので、日曜日もいいじゃん〜って思ってます。

…ただ、単純に物を売りたいってのならやはり土曜日の方が売れるんだと思います。

ゲムマの感想は多分こんな感じ。
まぁ、兎に角、

楽しかった、また出展したい!!


ブログの方ずっと更新していませんでしたが、その間も私は充実したボドゲライフを送っており、なんと、ゲームマーケット春に出展までしていました!!

私はボードゲームの他に、フィギュアスケートのオタクなので、自分の好きなものでボードゲームを作れないかと前々から考えていて、フィギュアスケートのザヤックルールを元に、そのまんま、「ザヤック」というゲームを完成させて、5/6のゲームマーケットで販売してきました。

↓参考 ゲムマ公式ブログ(ザヤック)


このエントリーでは
ズブの素人が、ゲームを作った費用&結果どうだったかをご紹介したいと思います。


ゲームを作るに当たって、私は
まず、ザヤックルールをゲーム化するというテーマを、いかに低コストで実現するかを考えました。

その結果、
名刺印刷+角丸パンチは自力+化粧箱も自作
という方法で、手間はかかったけど、とにかく原価を安く押さえる事にしました。

名刺印刷は、ラクスルを利用しました。
何故ラクスルかと言うと、(他にもあるかも知れませんが)ラクスルはイラストレーター等のソフトを持っていなくても、データ入稿出来るからです!!

実は私、画像処理ソフトを何も持っていなくて、この絵もExcelで描いているのです

ボードゲームの自作を考えて、最初のハードルは、イラストレーターを持っていない事でした。イラストレーターを持っていないと大抵の印刷会社さんに入稿出来なくって、制作を諦めかけましたが、ラクスルさんでは、オンラインでデザインツールがあるので、そこに別に作っておいた画像ファイルを読み込む事で、データ入稿が出来ました。

ボードゲームを作ってみよう!って思っても、必要ソフト等、初期投資が高いとやはり参入し難いと思います。
なので、ソフトを持っていない初めての方はラクスルの名刺印刷はオススメ出来ると思います。


また、ザヤックは29枚8種類のカード構成なので名刺の発注単位は8種×200枚とする事で、印刷にかかるお金は7,500円くらいで済みました。(実際に作ったのは35部ですが、この値段で50セット分作れました)

カード以外をほぼ自作したが、途中失敗した事とかもあって結局トータルで約9,000円の材料費で、35部作成しました。

ザヤックの値段設定は、
400円にしました。少しでも安くした方が売れるかな?と思っての事でしたが、実際の感触から、400でも500でも違いは無かったかなと思いました。
そう、400円って値段で興味を持ってくれる人はほぼいませんでした\(^o^)/
やはり、ゲームの内容で興味を引きつけないと勝負出来ないと感じました。

そして!!
ザヤックはゲムマ会場で22個売ることが出来ました!
公式ブログくらいでしか宣伝していなかった割には頑張った方だと思いたいです!

そして気になる収益は…

400×22 - 9000 = -200

はい!!
赤字です\(^o^)/

しかし、人件費は全く回収出来てないけど、-200円の赤字で済んだので、私としては楽しかったし、今後も参加したいって気持ちが強いです。

費用面でゲムマ参戦を躊躇してる方は、コストは抑えようと思えば削減出来るので、思い切って一回参戦してみると良いですよ!!

無名初参加は、20〜30セット位作るのが丁度良さそうだよ!
これくらいの小ロットなら在庫抱える心配も無い筈だから、みんなも気軽に参加するといいなぁって思いました。

(余談ですが、ザヤック以外に売ってたハンドメイド作品のダイストレイが完売したので、トータルでは私は赤字になってないです)
(後、ゲムマ後フィギュアスケートオタ向けにザヤックの通販開始したら、そっちで5個売れたので、その分丸々黒字になってます。)



自分が遊んだもの
ReCURRRing
ナンバーナイン
いろはことば
スパイスロード
テン呼
死ぬまでにピラミッド


昨日遊んだ中では、
ナンバーナインとスパイスロードが面白かった!入手困難らしいけど、ナンバーナインなら甥姪がもう少し大きくなれば一緒に遊べそうだなぁ。手元にちょっと欲しいなぁと、考えてたらフォロワーさんが売ってる場所を教えてくださったのでほぼ勢いでポチってしまいました

軽ゲー集めて、ボドゲやったことない友人達にも布教しようっと。

↑このページのトップヘ