コードネーム

大人数で協力し合うチーム戦ゲーム。
推理力と、仲間に推察させる上手い言葉を閃けるかの勝負('ω')

プレイ人数:4人以上
プレイ時間:平均2,30分位?
お手軽度: ★★★★☆


ざっくりとしたルール説明
25枚の名詞が書かれたカードを並べ、青チームと赤チームに分かれて
その25枚のカードのうち、自分の色のカードを探します。

25枚のカードがどちらの色のチームなのかわかっているのは各チーム1名ずつのスパイマスターのみ。

スパイマスターは、自分チームのカードがどれか、そのものズバリの名前を出さないで、チームメンバーにヒントを伝えて当ててもらいます。

先に自分のチームカードを全部見つけられたら勝ち
もしくは、25枚の中に一枚だけ紛れている暗殺者カードを選んでしまったら負け


と、いうようなゲームなんですが
私は当てる方も、ヒントを伝える方も両方やったのですが、当てる方向いてなかった\(^o^)/

ちょっとひねくれて推察しすぎましたね…

例えば…
こおし(格子)ってヒントに対し

こうし(子牛)→ドナドナ→トラック
って連想して見事に外したり\(^o^)/

カレーってヒントで
ハウス選んで外したりね
(このカレーに対する正解はペーストでした…ハウスバーモンドカレーじゃなかった…)

なので、答えを当てる側は足を引っ張っちゃったと思うのですが、その分、スパイマスターで頑張りました!
私はスパイマスター役好きかも

難しかったのは、
自分チーム: パス  ゴールキーパー
相手チーム: シュート

という割振りがされていて…

相手チームのスパイマスターさんと
あそこ、サッカー行きたいけど、アレがあるから言えないよね…
と、わかる、わかるよ…という結束感が生まれました。

結局私は枚数が勝っていたのもあり、
複数の答えを連想させるヒントを諦め、

スポーツ選手


円陣バレー

の二つで味方に当ててもらいました
皆さま素晴らしい推察有難うございました

スポーツって言わずに、スポーツ選手って言った所を汲み取って、ちゃんとゴールキーパー選んでくれたのは嬉しかったです!

あ、でもパスのヒントの円陣バレーは
なんとか成功したのですが、仲間の半分が円陣バレーって言葉を知らなくって戸惑ってました。

一般的な言葉だと思っていたのですが、そうでも無かったんですね。

で、このことから、ヒント出す時には相手に伝わるようにより、一般的な言葉じゃないとダメなんだな〜って学びました。

スパイマスターまたやりたいです('ω')